1週間 5キロ 痩せる

EOO+

1週間で5キロ痩せる7つの方法

1週間で5キロ痩せる7つの方法

 

いつもダイエットで挫折してしまう人、標準体重よりも5キロ以上太っている人。そんな方に1周間で5キロ痩せる方法をご紹介します。
 
ダイエットで続かない人は「結果がでない」から続かないのです、一気に5キロも痩せることができたらやる気が大きくアップしてモチベーションを高く持つことができるのです。

 

標準体重の人が1週間で5キロ痩せるのはとても大変なことですが、もともと太っている状態であれば5キロ痩せることはそう難しくありません。
 


 

 


 

はじめに
 
はじめに自分のBMIや肥満度を調べましょう。入力するだけで簡単に計算してくれるサイトがたくさんあるので、そこを使うことをお勧めします。
 
次に自分の「基礎代謝」がどのくらいかを計算、ここが大切になりますのできちんと計算してください。BMIや肥満度は目安として計算しますが基礎代謝量を調べることで食事の調整や1日に必要な消費カロリーなどが決まります。
 
ここでは実際に私の経験をお伝えしますので私の体型を設定したいと思います。168cm70Kg、29歳の女性。この体型だとBMIは24.8となり「標準体型」なのですが、外見はがっしりとした感じでした。30歳前にして体重もどんどん落としにくくなるので気合を入れて取り組もうと思い1周間でー5Kgの減量を目指しました。
 
はじめに言っておきますが今回は1週間で7Kg痩せるという健康的ではありませんので多少手荒な方法も含まれています。しかし、確実に痩せることができます。
 

1日目 ~己を知る~


体重1kgの増減はカロリーにすると7000Kcalとなります。
単純に考えて7000Kcal摂取したり消費したりすることで体重は増減します。今回の設定での1日の基礎代謝(消費カロリー)は1652Kcal、代謝が落ちている人がほとんどなのでこれより少ないと考えたほうがよいでしょう。
 
ということは、1日に5000Kcal消費すれば1周間で5Kg痩せることができるわけですね。1日何もせずベッドで横になっているだけで1652Kcal消費されるわけですが少し動いたところで到底足りません。
 

2日目 ~食事~


基礎代謝のより少ない摂取カロリーに食事を抑えれば毎日少しづつ痩せていきます。ゆっくりとダイエットしていきたい方にはこれだけでも十分効果はでるでしょう。
 
しかし今回は5Kgなので少しでも摂取カロリーを抑えなければいけません。減量しはじめて2ヶ月経った今も続いているのが朝抜き、昼に職場でスムージーを飲みます。スムージーは粉末タイプで牛乳にまぜて満腹感を出すようにしているので100Kcalになります。
 
夜は主人に普通の食事を作り自分にはサラダと豆腐、豆、ささみなど低カロリーなものを飽きないように組み合わせて食べています。もちろん炭水化物はなしです。
 
夜も200Kcal程度には抑えていますので1日の摂取カロリーが300Kcalとしてー1300Kcalほど抑えることができます。自分の仕事量は立ち仕事なので2500Kcalほど消費できるみたいです。合わせて4000Kcal弱、まだまだ足りないですね。
 

3日目 ~運動~


食事を節制するとはじめの3日ほどで3~4Kg減量できます、しかし食事だかではその辺りまでが限界なのです。しかしはじめに一気に痩せることでモチベーションの維持につながり更にやる気があがるというものです。
 
食事制限を続けながら体を動かしていきましょう、最初は食事を制限していることで疲れやすくやる気もでないのですが疲れてだるくなるのは食事からカロリーをとっていないから「疲れたな、だるいな」と感じてきたら体に蓄積された脂肪をエネルギーに変えようとしている合図です。
 
疲れた・だるい=痩せている、ダイエット中は卑屈になりやすくなります、これは食事による満足感が得られない為だとわかっていますので自分でわざとらしくポジティブに考え直すことも必要です。
 
運動は有酸素運動、ウォーキングや踏み台昇降・時間に余裕のある方は水泳なんかがお勧めですね。1周間体験できるジムなんかもあるのでそれを利用するのも1つの方法ですね。
 

4日目 ~排泄~


食事制限なみに体重をいっきに落としてくれるのが排泄を整えること、普段から便秘気味の方は「腸内洗浄」をやって5Kgも減ったという人がいる程。
 
食事や運動に気をつけていればそのうち便通は整いますが1周間という期限の中では手っ取り早く下剤を使いましょう。しかし連日の使用は禁止です。食事制限をしている最中にそんなたくさん便はたまっていませんので1日だけ使用して今まで溜まっていた便をお掃除する感覚です。
 
私は仕事が休みの日を狙って前の日の夜に下剤を飲んで次の日に備えるという方法をとっています。大変なことといえばそうですが感染性の下痢などとは違いずっとお腹が痛いわけではありません。下剤を使用する場合はしっかりと水分をとるようにしてください。
 

5日目 ~排泄2~


今度は尿の排泄ですが体のほとんどは水分でできているので余分な水分を出すだけで1~2Kgの減量になります。私は病院で処方してもらった利尿剤を使用しますが少し怖いなと思う方は薬局で販売している漢方の利尿剤を使用するといいと思います。
 
今回もですが30~1時間毎に少量(コップ半量~1杯くらい)の水がお茶を飲んでください。利尿剤を使用しているでも普段の水分摂取が少ないとあまり効果がでないことがあります。
 

6日目 ~やる気~


ダイエットで一番むずかしいのがやる気の継続、どんな方法でも続けていれば痩せるはずですが飽きてしまったり、効果があまり感じられなかったり、辛かったりということでなかなか続きにくいものです。
 
私もいままで何度も挫けてきましたがこの方法だと最初に一気に痩せるので間食の誘惑があっても「痩せた分がもったいない!」と踏みとどまっています。
 
効果があれば辛いことも辛くないダイエット、しかし自分にあますぎるのではいけません。お風呂上がりに裸で鏡の前に立ちプロポーションチェック、現実から目を逸らしてはいけません。
 

7日目 ~まとめ~


ここまでのことを実践出来た方は本当に痩せます。成功した後も「ご褒美」は考えずに継続です。食事の内容や運動の内容を少し考えてみましょう。少しマイルドに設定して続けやすくするのがこつです。
 
私も今では1日の中で1回炭水化物を食べたりしていますが体重が減るのが楽しくて続いている感じです。1日2回体重を測りますが増えていても大丈夫です、体重は増減あるものなので1日1日の体重に深く落ち込んでいては前に進むことができません。
 
今回の方法では下剤や利尿剤を使用しますがもともと余分に溜まっているものを排出するだけでずっと使い続けるわけではありません。食事・運動を考えて適した水分の方法を実践していけば自然と排泄の習慣ができあがります。

まとめ


・自分の状態を把握する
・食事制限、カロリー摂取
・有酸素運動
・便通を整える
・こまめに水分をとって尿をだす
・プロポーションチェックして自分の変化や気になる場所を意識する
・短期間での増減にとらわれず継続する

以上になります。私は1周間で6Kg痩せました、現在は少しマイルドにしたメニューを続けてー15Kg目指して頑張っています。みなさん、「ダイエットは明日から」の精神を捨てて「今」から始めることをお勧めします。
 


 

 


 

 

タグ :  

美容とダイエット   コメント:3

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. tanouekuui より:

    とても、うれしい情報です!。 今日から、やらせていただきます!。

  2. 匿名 より:

    参考になりました

  3. 莉奈 より:

    どうやったら、痩せれるの、ご飯とかじゃあなくて、動くだけで

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: