コラーゲン 効率 摂取

EOO+

コラーゲンを効率よく摂取する5つの方法

コラーゲンを効率よく摂取する5つの方法

巷で良く耳にするコラーゲン。「お肌をプルプルにする」ということは知られていますが、実感できるコラーゲンの摂取方法というのはご存知無い方も多いはず。
やみくもに摂取するのではなく、少しの知識を得た上で実践する方がより一層効果を実感できるものです。
ここで簡単に実践できるコラーゲンの効果的な摂取方法をご紹介します。


 

 


 

コラーゲンを多く含む食品をチェックする

普段の食事にコラーゲンを多く含む食品を摂り入れて、コラーゲンを受け入れやすい体作りをしましょう。なぜなら、コラーゲンは体に入ると30%はアミノ酸などに分解され体のあちらこちらで使われます。

 

お肌にまで効果がでるのは、体の関節部分などの日常的に使われる部分を満たされてからなので普段の食事にコラーゲン食品を摂り入れることで、吸収されるコラーゲンの量を足してあげる、というわけです。

 

特に有名な物は、フカヒレや鶏の手羽先などですね。
これらの食事を摂った次の日の朝はお化粧のノリが少し良くなっている気がする、と聞いたことがありますよね。
しかしこちらは「動物性コラーゲン」と言い、カロリーも高いので摂り過ぎに注意しましょう。
大豆製品は「植物性コラーゲン」なので低カロリーで高タンパク質、ダイエット中の方にはこちらがおすすめです。

サプリメントを活用する

コラーゲンを健康的に摂取するには普段の食事から、という考えの方も多いかと思います。

しかし上記のように、コラーゲンを多く含む食品はカロリーが高いため摂り過ぎると太ってしまう、という可能性もあるのが難しいところです、
そこで沢山売られているコラーゲンサプリメントやドリンク飲料を活用することで、効率よく適量を摂取できるというわけです。

サプリメントの効率的な選び方を知る

とても手軽なサプリメント類ですが、どれも同じというわけではありません。一度手に取って数ある商品を見比べて自分に合ったものを選びましょう。
簡単なサプリメントの選び方をご紹介します。


①「動物由来のコラーゲン」か「魚由来のコラーゲン」を選ぶ
・動物由来コラーゲン→様々な加工食品に使われるなど比較的に多く出回っていて手に取りやすいが、体への吸収が遅めなのが難点
・魚由来コラーゲン→魚のウロコや皮から摘出されるもので、動物由来に比べて吸収率も高く脂肪なども少ない。人のコラーゲンの構造に近いのでより安全である。

 

②形状を選ぶ
・錠剤タイプ→とても飲みやすいが、コラーゲン摂取量としては錠剤の大きさに留まってしまうので沢山は摂りにくい。
・ドリンクタイプ→こちらも毎日手軽に摂り易いのが特徴だが、甘味料などの食品添加物が含まれている
・粉末タイプ→飲み物や食べ物に混ぜて摂取できる他、化粧品にも混ぜて使えるのでバリエーションが豊富である

 

③体に吸収されやすい分子量が「ペプチド化」されたものを選ぶ
体内でコラーゲンが分解されやすくするために、分子量を細かくしたペプチドの分子量3000以下のものを選びましょう


ビタミンCと一緒に摂って相乗効果を狙う


なかなかお肌に効果が見られるのが難しいコラーゲン。体の中に入ったコラーゲンをお肌にまで到達させるために必要なのがビタミンCです。
ビタミンCはコラーゲンの働きを助け、コラーゲンを肌への働きへと促すのに役立ちます。

果物や野菜などビタミンCが多く含まれる食品を一緒に摂ってコラーゲンの働きを活性化させましょう。

 

夜寝る前に摂取する

コラーゲンは体内に入るとアミノ酸とペプチドに分解されますが、朝飲んでしまうと人間の活動と一緒にその多くが使われてしまいます。

22時~2時はお肌のターンオーバーが活発化される時間帯です。その時に一緒にコラーゲンを摂取することでより多くのコラーゲンをお肌に活用できる、というわけです。

 

まとめ

せっかくコラーゲンを摂取するのですから、効率よく効果的に摂取するようにして、健康的で疲れ知らずのぷるぷるお肌を保ちましょう。

 


 

 


 

最先端ダイエットサポートアプリFiNC

FiNC(フィンク)は、自分の生活習慣や体調、カラダのお悩みに応じたダイエットメニューを毎日無料で届けてくれるスマートフォンアプリです。

栄養士や料理研究家が作ったヘルシーレシピやプロトレーナーが提案するフィットネスメニューなどダイエットに役立つ情報が毎日配信されます。

マギーさんが、30秒の動画でアプリをわかりやすく紹介してくれています。

↓アプリをダウンロードしてみる

Fincアプリをダウンロードする

 

タグ :    

美容とダイエット   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: