日本人 性格 嫌がられる

EOO+

日本人の性格が世界から嫌がられる7つのポイント

日本人の性格が世界から嫌がられる7つのポイント2
日本人としては自慢したいことは山ほどあれど、ひょっとして日本人の性格って他の国の方から嫌われている?なぜ??と思うことも時々あります。それに日本人だから気がつかない、あたりまえだと思っている部分もあるでしょう。

いったい日本人のどういう性格が世界から嫌がられる原因になっているのでしょうか。色々な方の言葉を拾ってみました。


 

 


 

自虐的。自国や自分に誇りを持てない

「いやぁ〜わたしなんかとてもとても、、」という謙遜や「つまらないものですが」という言葉の印象もあるでしょうし、公の場でスピーチなどを薦められた時に逃げ腰になってしまうような態度や「どうせ自分なんて」というアニメや映画などで卑下するかのような台詞も印象に残ります。

確かに、自信満々でいるのは気がひけるので、もし自信があってもなさそうにふるまったり、発言してしまうのが日本人の性格なのかも。心当たりあります!

自虐的と思われる最大の理由は、かつての特攻隊の存在ではないかという意見もありました。自国や自分に誇りを持っているからこその行為だったかもしれませんが、随分と異様に映るのでしょうね。

世界を知らず日本人の基準で物を考える

島国根性という言葉を良く耳にします。この言葉、あまり良くない意味で使われることが多いのは、閉鎖的で独自の基準で善し悪し、好き嫌いを判断するのが日本人の性格だと海外の人からみられていることが多いからかもしれません。本来は悪い意味だけではないと思うのですが・・・。

例えば海外旅行に行って、夜中に女性が一人で出歩いたり、スリや置き引きにあうなどの被害が多いのも、日本人の世界知らずとして海外の方の目に映るのかもしれませんね。

3) みんなと同じが好きで、いくつになっても幼稚でミーハー

耳が痛いお言葉ですが、こんなジョークを聞いたことがあります。
アメリカ人は「君もヒーローになろう!」という言葉で動くけれども、日本人は「みんなそうしていますよ!」と言われると動くと。心当たりがあって笑えません(汗)

よく言えば日本人の性格として良く登場する「協調性」といえるかと思いますが、悪く言えば「みんなと同じであることで安心する」人が多く見えるようです。それは発言や行動だけでなく、ファッションやお化粧、髪型などにも現われているでしょう。

いくつになっても幼稚でミーハーに見えるのも、そのせいかもしれません。自分の考えをはっきり言わず周囲に合せてしまう所も、幼稚に見えるようです。
特に若者たちに感じるようで、アメリカの女性から「日本の大学生は中学生くらいに見える」と言われてギョッとしたのを思い出しました。

政治に無関心

投票率の低さや、政治の話をあまりしないこと、政治的なニュースを知らない人が多いことは感じます。やはり世界的に見て、自分の国の政治に関心がない人が多いように見えるのは恥ずかしいものですね。

日本の良さを理解していない

日本の文化や伝統は海外からの方が評価が高いものが多いですし、自然環境も海外の方にこよなく愛されています。

例えば紙おむつでなく布おむつが、日本よりも海外で今でも評価が高い国もありますし、職人芸の秀逸さは評価されています。

それなのに日本人は、道具や素材、ファッションや食べ物などあらゆるジャンルで海外から入って来るものばかりに目を奪われているように見えるのは残念。世界の人からもそう思われているなんて、まさに「もったいない」ですよね!

仕事人間で、ユーモアがない

これはもう、日本人の性格と言われたら、「そうかも」と言うしかありません。世界から見てつまらなくて面白みがないと嫌われるのは仕方がないですが、日本人らしさのひとつでもあるでしょう。

仕事が全てで、しがみついているように見えるという意見もありますが、そこまでいかなくても「仕事だから仕方ないだろう」という言い訳は他の国では通用しないのかもしれませんね。

周囲を気にして素直じゃない、感情表現がわかりにくい

空気を読んで周囲に合せるという日本独特の美意識は、海外の方からはなかなか理解しにくいようです。言いたいことをぐっと堪えたり、感情を抑えて欲しいものを我慢するなど、その裏にある気持ちを「推し量る」なんてことは、とてもめんどくさくて嫌だということになります。

日本人のその考え方は、言葉にも良く現われているので、YES かNOかがはっきりしないのも嫌われます。「結構です」という言葉が意味不明だと言われたことありませんか?

8) その他

まだまだ日本人のここが嫌だという意見はありました。少数かもしれないけれども確かにあると思うものを、さらにいくつかご紹介しましょう。


・ ブランド物に価値を求める
残念ながらブランド力に弱いです。

・ 文句を言うのに何もしない
日本人から見ても嫌ですよね、こういう日本人。

・ 英語が下手、それなのに外国人を見ると英語でないとダメだと思う
長年英語教育を受けていながら、結局話せない人が多くい。
それなのに外国人を見ると英語で話さなければならないと思い込んで逃げ腰の人
が多いという意見。わかります。

・ お酒を飲むとなんでもあり
酒の席での振る舞いが嫌いという意見も。気をつけましょう!

 

まとめ


こうやってみてみると、日本人の性格が嫌われる理由は、日本人の性格の「良いところ」が裏目に出た時でもありますね。

日本の文化は財産ですから、自分の国のことをもっと知らなければもったいないです!日本人らしさを誇りに思って堂々としていることが、国際人としてはこれからますます大切かなと思わされました。


 

 


 

 

タグ :  

心と体の健康   コメント:3

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. えり より:

    協調性を美徳とか言ってますが、それがあるから私は自国民であることが恥ずかしいと強く思います。議論もできない。意見も言わない。何も考えないでスリに合う。そんな頭悪い国民性だから自国民であることが嫌過ぎて自殺したくなるんです。しかもそれをいい事と思い込んで誇りに思っているから最早救いようがない。逆に、日本人がなぜ自国民である事を誇りに思えるのか不思議でたまりません。生まれ変わったら日本人以外の何処かの国民として日本以外の立派な文化(幼稚で自立してなく頭が悪い日本の文化ではなく)の中で育って賢くなりたいです。

  2. 匿名 より:

    とても素晴らしい。

  3. 匿名 より:

    1〜3あたりは特にいじめの原因となっているかもしれませんね

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: