お尻 小さく

EOO+

お尻が小さくなる6つの方法

お尻が小さくなる7つの方法

 

自分のお尻ってなかなか見えないけど、他人のお尻はすごく気になりませんか?

モデルさんの様なキュッと引き締まったかっこいい小尻・・どうすればあんなに綺麗なお尻になれるのでしょうか?

 

早速お尻が小さくなる方法をご紹介していきたいと思います!


 

 


 

お尻やせのエクササイズ

 

翌日はお尻が筋肉痛でピキピキしちゃうほど、効果的なエクササイズのご紹介です。

 

まずは後ろ向きの脚上げエクササイズです。

 

①壁に向かって両手を肩幅程度に開き壁についてたちます。

②片足ずつゆっくりと後ろにあげていきます。

 

脚やせではなくお尻やせなので太ももの付け根から上げていくようにしましょう。

 

 

次はお尻歩きです。

①両足を閉じて前に出して座ります。

②お尻で床を拭き掃除するようにお尻で歩きます。

 

前に10歩、後ろに10歩、これを1日3セットずつやりましょう!

 

 

歩き方で小さくする

 

内股の人は歩いている時にお尻の筋肉に力を入れることはできません。特に、内股の筋肉が弱くなってしまうので外側の筋肉が知らずしらずのうちに体を支えるようになってしまいます。

そのために、外側の筋肉にこわばり筋がでてエクササイズをしても効果が出にくくなってしまうのです。

 

内股の人はまず外側の筋肉のこわばり筋をほぐし、よわくなった内股を鍛えるのが小尻への第1歩となります。

反対にがに股の人は内側の筋肉がこわばり筋となり、外側の筋肉が緩んだ状態のたるんだお尻に見えてしまうことが多いのです。
歩き方の癖で筋肉のつき方も変わっていくので真っ直ぐに歩けるように気をつけましょう。

その時にはお尻にきゅっと力を入れて、肛門を閉めながら歩くようにすると綺麗に歩けます!

意識しながらウォーキングを行ってみましょう。

骨盤ダイエット

 

骨盤矯正に通うのも大変だし・・・という方には毎日1分の骨盤ダイエットがおすすめです。

 

まずうつぶせになり、足を肩幅より広めにひらきます。

つま先を外側に広げ、息を吐きながらお尻の割れ目を中央に引き寄せるようにして上体を胸くらいまで持ち上げます。
この姿勢で5秒ほどキープ。

息を吐きながら元の位置へ戻します。

 

この動きを5回繰り返し、約1分程度繰り返しましょう。

 

 

その体勢のまま膝を真っ直ぐに伸ばし、両足を上にあげます。

 

そしてゆっくりと下げる。このどうさも10回ほど繰り返して3セット行います。

階段を使う


これは簡単なようでなかなかできないのですが、日常生活で階段を使ってみましょう。

通勤の時、駅でついついエスカレーターに乗ってしまいがちですが、そこはグッと我慢です。

でもただ何にも考えずに階段を上ってしまってはもったいない。階段を上がる時にはつま先立ちで上っていると思います。それを意識してかかとまでしっかり付けて上がるようにしてみてください。

 

かかとを使って階段を上がることによってお尻の筋肉がしっかりと使われるのでお尻痩せにはかなり効果的になるようです。

お尻に力を入れる


主婦の方はキッチンでの立ち仕事が多いのでその時にお尻の穴を閉めるように力を入れてみてください。そのまま30秒程度キープ。

これを3回ほど繰り返すことでお尻の筋肉が鍛えられます。もちろんデスクワークのお仕事の方も座りながらお尻の穴を閉めるようにキュッと力を入れてみてください。

立っている時と同じようにお尻の筋肉を使うので鍛えられます。

やった後はお尻の血行が良くなりスッキリしますよ。それ以外でも気がついたときにキュッとお尻に力を入れてみて常にお尻が上がっているような意識を付けてみてください。

体を暖める


手や足は温かいのに、お尻が冷たくなっていませんか?それは冷えで血液の循環やリンパの流れが悪くなっているのです。

その冷えを放っておくと皮下脂肪が老廃物と絡み合い、硬くなり、やがて取れにくいセルライトとなってどんどん蓄積され、太くなってしまうのです。暑いからといって冷たい飲み物を取りすぎたり、お風呂で暖まらないと体は冷房でどんどん冷えてしまいます。

お風呂の温度のオススメは41度での半身浴を10分、炭酸ガスの入浴剤を入れることで芯までしっかり温めます。

 

忙しい方はお尻のポケットに携帯カイロを入れてみたり寝ているときに湯たんぽを当ててみたりしてもいいかもしれません。

お尻を温めるだけでも血行が良くなり、不思議と翌日にスッキリ起きられるなんていうメリットもありますよー。

まとめ


お尻を小さくする方法は様々ですが、セルライトやたるみのもつながるので色々なケアをしていかなくてはなりません・・・

 

この他にも、猫背や合わない下着の着用、足を組む癖などなど原因は色々とありますが、体が冷たければ効果は半減してしまいます。

どの方法を見てもそこまで辛いトレーニングはないですよね。

モデルさんとまではいかなくても、パンツスタイルのカッコ良い後ろ姿をめざして日々意識してみましょう。

 


 

 


 

 

タグ : 

美容とダイエット   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. どらごん。 より:

    1ヶ月で3キロ以上痩せれる方法を
    できるだけ簡単なもので教えて下さい。
    実際成功した方や、友達などから聞いた
    ものなど、なんでもいいので教えて下さい!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: